新生銀行【パワースマート住宅ローン】

新生銀行【パワースマート住宅ローン】

新生銀行【パワースマート住宅ローン】は、借り換えにかかる諸費用を最小限に抑えた人気の住宅ローン借り換え先です。

業界最低水準の金利を確保しており、中でも諸費用の中でも大きなウエイトを占める保証料は0円に設定。

さらに、借り換え後は自動的に独自の銀行サービス『新生ステップアッププログラム』を受けることが出来るので、日常生活に役立つサービスを便利に活用することができます。

しかも住宅ローン借り換えなら自動的に最高クラスのプラチナステージに。提携ATM引き出し手数料が無料になるほか、他行宛振込手数料も月10回まで無料になるなど、様々なお得サービスを受けられるところが魅力です。

住信SBIネット銀行の住宅ローン

住信SBIネット銀行の住宅ローン

住信SBIネット銀行の住宅ローンは、魅力的な金利と安心保障を両立した人気の住宅ローン借り換え先です。

変動金利・固定金利の両方に『通期引き下げプラン』と『当初引き下げプラン』の2種類を用意。どちらも金利の引き下げ幅が大きく、通期引き下げプランでも、変動金利なら年1.91%の大幅引き下げを実現。

当初引き下げプランならさらに引き下げ幅が大きくなり、20~35年の固定金利特約タイプを選んだ場合、特約期間中の金利引き下げ幅は年2.2%にも及んでいます。

もちろん特約期間が終了しても安い金利はそのまま維持。通常金利と比べても年0.7%も引き下げられるので、金利分をしっかり節約することができます。

イオン銀行の住宅ローン

イオン銀行の住宅ローン

イオン銀行の住宅ローンは、借入当初の低金利に特化した人気の住宅ローン借り換え先です。

最も金利の負担が重い、当初1年の金利を0.6%に固定することで、初年度の負担を大幅にカット。

2年目以降についても、店頭表示利率から最大年1.2%が差し引かれる仕組みになっており、業界内でもお得な金利水準を確保しています。

さらにイオン銀行では、保証料と各種手数料を0円に設定。諸経費の中でも高額になりやすい保証料や各種手数料にかかるコストをぐっと抑えることで、ローン契約後の負担を軽減します。

ソニー銀行の住宅ローン

ソニー銀行の住宅ローン

ソニー銀行の住宅ローンは、金利プランと手数料を比べて選べる住宅ローン借り換え先です。

ひとりひとり異なる借り換えニーズに応えられるよう、金利と事務手数料がそれぞれ異なる2つの金利プランを用意。借り入れ残高の状態に応じて、自由に選ぶことができます。

さらに保証料・団信保険料ともに驚きの0円に設定。数十万単位の出費となる保証料が無料となることで借り換えの費用負担を減らし、借り換えを行うメリットを大幅アップさせます。

もちろん一部繰上返済も手数料無料で利用OK。金利タイプにかかわらずに手数料無料で繰り上げ返済が出来るので、都合に応じた柔軟な返済が可能となっています。

楽天銀行の住宅ローン

楽天銀行の住宅ローン

楽天銀行の住宅ローンは、業界最低水準の金利がずっと続くお得な住宅ローン借り換え先です。

35年間ずっと金利が固定される『フラット35』なら、景気不安にに左右されずに金利上昇リスクを回避することが出来ます。

特に楽天銀行の住宅ローンは、フラット35取扱業者の中でも最低金利を誇っており、安心感と割安感を同時に実感できるところが人気。

しかもフラット35の適用金利だけでなく、借り換えにともなう事務手数料も業界最低水準に設定。借入額の1.365%と低く設定されているので、高額融資の方も初期費用を安く抑えることが可能となっています。